取扱いゲーム

ステフィン・カリー、クレイ・トンプソンのスプラッシュ・ブラザーズに、ディフェンスの柱、ドレイモンドグリーンのビッグ3に更なるスーパースターが加わりました。1から4番まで3ポイントが狙えるウォーリアーズは、これではブラザーズどころか「スプラッシュファミリー」だ。なんて言われることもありました笑。

良い選手と契約すれば年俸も膨れ上がり、サラリーキャップを空けるために選手を放出しなければなりません。多くのチームがそうした状況で、高額年俸の選手を放出し、ベンチ層が薄くなる、代わりに別のスター選手が放出されるなど、対価となるものを払ってきました。

しかしウォリアーズは、デュラントが減俸を受け入れ再契約したことから、昨年の戦力を維持し、ベンチ層への負担も減らすことができました。

むしろベンチメンバーに関しては3ポイントに定評のあるプレイヤー、ニック・ヤングをロサンゼルス・レイカーズから獲得したことで、戦力としては昨年よりも増したのでは、とも言われています。

一部では「すでに今年の優勝は決まっている」ともいわれるほど、圧倒的な戦力をもつゴールデンステイト・ウォーリアーズは、NBA2K18の世界ではどのように評価されているのでしょうか。